Events

Lade Veranstaltungen

« Alle Veranstaltungen

  • Diese Veranstaltung hat bereits stattgefunden.

Lecture Series 2021 – Japan’s Split Society

Datum: 23. April 11:00 - 24. Juli 12:30

 

 

原爆と原発の間を揺れ動く日本: メディア・プロパガンダ・サイエンス

– Japan’s Split Society Between “Genbaku” and “Genpatsu”: Media, Propaganda and Science

 

今回のオンライン連続講義では、「原爆」と「原発」は、その相互依存性と特異性の中で、どのようにして可視化されたのか、あるいは不可視化されたのか、ということを俯瞰的なテーマとしています。様々なメディアのにおける「原爆」「原発」の表現に着目しています。しかし、「核の問題」を(不)可視化する他のメディア方法や形態についても議論されるべきであると存じます。

もし、このオンライン連続講義にご興味がありましたら、以下のリンクをクリックして頂き、情報をご記入ください。私たちどもの方から、Zoomのリンクとともに後ほどご連絡を差し上げます。→ LINK: https://forms.gle/xMPjhkfkiZp2rMVr6

もし、ご不明な点がありましたら、どうぞこちらのEメールアドレスへお尋ねください。japans-split-society@uni-leipzig.de

ライプツィヒでは、講演者が最も慣れ親しんでいる言語でプレゼンテーションを行い、プレゼン資料を別の言語でも準備することで、より良い講演を実現してきました。 これを私たちは「ライプツィヒ通訳モデル」と呼んでいます。したがって、講義は日本語または、英語で行うことです。
質疑応答も英語または日本語で可能で、質問やコメントは他方の言語に翻訳します。

 

In this online lecture series we want to examine the connectedness and differences of how “nuclear energy” (genpatsu) and the “atomic bomb(s)” (genbaku) were made (in)visible. We want to explore both fields and have a closer look on different types of media and will try to learn more about of how the “atomic issue” was made (in)visible using different approaches and methods.

If you are interested in participating these lectures, please click the following link and fill out the information sheet. We will than contact you and send you the login data for Zoom.→ LINK: https://forms.gle/xMPjhkfkiZp2rMVr6

Here in Leipzig we have had very good experiences with having the presentation in that language the speakers feel most familiar with and have the PPT in a different language – we call this the “Leipzig model of interpretation”. This means, that the lectures can be conducted in English OR Japanese. However, we will provide the PPT in English or Japanese and will translate questions or comments from English to Japanese and vice versa.

For additional information or in case you have any questions please contact japans-split-society@uni-leipzig.de

 

 

 

 

オンライン連続講義プログラム – Lecture Series Program

April 23, 2021 – July 24, 2021
 

 

1. 「核」 — その想像と表象の(不)可能性を問う

シュテフィ・リヒター 教授 ライプツィヒ大学日本学科
シュテファン・ケーン 教授 ケルン大学日本学科
2021年4月23日(金)
日本時間:18時~19:30時 ドイツ時間:11時~12:30時

The “Nuclear” – Searching for possibilities of its imagination and representation

Prof. Steffi Richter Department of Japanese Studies, University of Leipzig
Prof. Stephan Köhn Department of Japanese Studies, University of Leipzig
April 23, 2021 (Friday)
Japan time: 18:00 – 19:30 German time: 11:00 – 12:30

 
 

2. ゴジラとアトムの補完 ~1950年代の日本のマス・メディアにおける原爆と原発の関係~

山本昭宏 准教授 神戸市外国語大学総合文化
2021年5月14日(金)
日本時間:18時~19:30時 ドイツ時間:11時~12:30時

The Correlation of Godzilla and the Atom –
The Relationship between the Atomic Bomb and Nuclear Power in the Japanese Mass Media of the 1950s

Associate Prof. Akihiro Yamamoto Kobe City University of Foreign Studies General Culture
May 14, 2021 (Friday)
Japan time: 18:00 – 19:30 German time: 11:00 – 12:30

 
 

3. USIS 映画と「ニュークリア」

土屋由香 教授  京都大学大学院総合人間学部人間環境学研究科
2021年5月28日(金)
日本時間:18時~19:30時 ドイツ時間:11時~12:30時

USIS Films and the Topic of the “Nuclear”

Prof. Yuka Tsuchiya Graduate School of Human and Environmental Studies,
Faculty of Integrated Human Studies, Kyoto University
May 28, 2021 (Friday)
Japan time: 18:00 – 19:30 German time: 11:00 – 12:30

 
 

4. 可視化/不可視化される放射線影響ー原爆被害をめぐる言説と表象

中尾麻伊香 准教授 広島大学人間社会科学研究科
2021年6月11日(金)
日本時間:18時~19:30時 ドイツ時間:11時~12:30時

Making Radiation Effects (In)Visible: Discourses and Representations on Atomic-Bomb Victims

Associate Prof. Maika Nakao Hiroshima University Graduate School of Humanities and Social Sciences
June 11, 2021 (Friday)
Japan time: 18:00 – 19:30 German time: 11:00 – 12:30

 
 

5. 日本国民を洗脳した原発プロパガンダ

本間 龍 ノンフィクション作家
2021年6月18日(金)
日本時間:18時~19:30時 ドイツ時間:11時~12:30時

Nuclear Propaganda that Brainwashed the Japanese People

Ryū Homma Nonfiction Writer
June 18, 2021 (Friday)
Japan time: 18:00 – 19:30 German time: 11:00 – 12:30

 
 

6. 原子力平和利用と<軍事>の接続

七沢潔 主任研究員 NHK放送文化研究所
2021年7月2日(金)
日本時間:18時~19:30時 ドイツ時間:11時~12:30時

The Connexion between the Peaceful Use of Nuclear Energy and the “Military”

Kiyoshi Nanasawa Senior Researcher, NHK Broadcasting Culture Research Institute
July 2, 2021 (Friday)
Japan time: 18:00 – 19:30 German time: 11:00 – 12:30

 
 

7. 「NO NUKESー〈ポスト3・11〉映画の力・アートの力」(2021年出版)の紹介とディスカッション

ミツヨ ワダ・マルシアーノ 教授 京都大学大学院文学研究科・文学部 
2021年7月16日(金)
日本時間:18時~19:30時 ドイツ時間:11時~1 2:30時

Introduction and Discussion of “NO NUKES: The Power of Film and Art Post 3/11” (2021)

Prof. Mitsuyo Wada Marcianoa Graduate School of Letters/ Faculty of Letters, Kyoto University
July 16, 2021 (Friday)
Japan time: 18:00 – 19:30 German time: 11:00 – 12:30

 
 

8. 核の表象装置(ディスポジティーフ)原子力を親しませる:敦賀市の「ニュークリア・サイト・シーイング」と福井県原子力センター・
原子力の科学館あっとほうむの調査結果報告

 
フェリックス・ヤヴィンスキ 研究員 ライプツィヒ大学日本学科 
2021年7月24日(土)
日本時間:18時~19:30時 ドイツ時間:11時~1 2:30時

The Nuclear Dispositif – How to Bring Close Nuclear Energy?: Nuclear Sightseeing Tour in Tsuruga and a Field Report on the Tsuruga Nuclear Information Center

Felix Jawinski, M.A. Department of Japanese Studies, University of Leipzig
July 24, 2021 (Saturday)
Japan time: 18:00 – 19:30 German time: 11:00 – 12:30

 
 

 

 

 

Details

Beginn: 23. April G:00
Ende: 24. Juli G:30

Programm: Download
Nähere Informationen

Veranstaltungsort / Venue

digital (see Lecture Series Program)

Veranstalter / Organizer

Department of Japanese Studies, University of Leipzig
Department of Japanese Studies, University of Cologne